会話の歯車   
かとぺー: ただいまーー関東は暑くて蒸すし人が多いわ
将  軍 : 夏は暑いものと決まってるんだ、でいつ帰るの?あんた
かとぺー: 今来たばかりで帰る日をきくかなあ〜
将  軍 : アハハハ^_^;  あーー今日は暑いなあ〜
かとぺー: 夏だからねえ、お供えにケーキ買ってこようか
将  軍 : 俺はケーキは嫌いだ、大福がいい
かとぺー: いやーだから母さんの好物って・・・言ったでしょう、大福もね
将  軍 : 俺が好きなものは母さんも好きなはずなんだ
かとぺー: (オイオイ)はいはい 大福ね
将  軍 : 大福といえば最近あそこの大福は小さくなった気がするよ
かとぺー: 豆大福がおいしいよね
将  軍 : 商売が下手なんだなあ、もっとアイディを考えないとこれからはだめだなあ
かとぺー: そこまで心配しなくてもいいと思うけど
将  軍 : これからは小さなお店はもっと経営が厳しいぞ
かとぺー: 今の世の中どうなってるのか・・・変な事件ばかりでね
将  軍 : 店構えをもっときれいにすればいいんだよ
かとぺー: 長崎の事件や渋谷の事件、みんな子供だもんね
将  軍 : お店でも食べられるようにするとか
かとぺー: 怖い世の中だよねえ
将  軍 : 日本の社会が悪いんだ
かとぺー: そうねーーどうにか考えなくっちゃーーねえ
将  軍 : 何か考えなくっちゃつぶれちゃうぞおいしいお店なんだから
かとぺー: え?おいしいお店?少年犯罪でしょ
将  軍 : え?大福の店の話だぞ
しばし沈黙  
将  軍 : ・・・もう寝る
かとぺー: ・・・私も寝ようっと
親子の歯車は最後になってピッタシ噛み合いました