独占映画上映会   

出逢ってしまったその人に・・・
偶然借りたビデオで香港俳優に一目惚れしてしまった
めったに一目惚れと言うことは無いのだけど
こればっかりは松田聖子と同じで「ビビビ」と体中に何かが走った。

何度も何度もレンタルして
それでも物足りずにDVDまで買って暇がある度に見ている
その度にため息をもらす

待ちに待ったゆっくり映画が見れる日がやってきた
ダーの出張日だ  帰ってくるのは早くても10時半
ラッキー チャチャチャ

今晩はゆっくり早回し無しでとことん楽しもうと意気込んでいた
夕食もそこそこにお風呂に入って身を清め
コーヒーを手に 部屋を真っ暗にして
さながら独占映画館
いいぞーーー 最高の雰囲気だ


ストーリーが進むに連れて映画にのめり込み、涙 涙の連続
そしてクライマックス 「カーファーーーイ ウエーーーン 素敵すぎる〜」
と泣きながら炬燵から這い出してブラウン管に向かって両手を差し出した
まさにその瞬間
「ただいまーー こんな真っ暗にして な・なにしてるんだ??」


ゲゲゲゲ  く(""0"")>
なんてこった!! 手が固まった
「何してるのさー」
「え?いやーあのー えーと・・・ほらー その・・・・一人上映会 ほら見て」
振り向くと  終わってる
映画か終わってるじゃないか・・・そ・そんなーーー

しかも
一番良いところ 一番ジワーーとくるところが終わってるーーー


Σヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||||)ノ がぁぁん!!


そこを見たかったんだよーーー 私はーーー
そこを見るために身を清めコーヒーも作って
お部屋も真っ暗にして
その前までは前菜で そこがメインディッシュだったのにーーー
なんてこったい

次回の映画上映会は何時から
始めなければならないのかちゃんと確認することを肝に銘じた


しかしながら
いくら夫婦でもあんな姿見せたくなかった



香港俳優 レオン・カーファイ